top of page

未来の海を守る事は一人一人の意識から始まる。

SEETHLIVER

用排水路浮遊ゴミ回収機「シースリバー」

海洋ゴミ問題に対する
弊社独自のソリューション

弊社にて開発しました用排水路浮遊ゴミ回収機「SEETHLIVER」(シースリバー)は用排水路を流れるゴミを回収する機器です。海洋ゴミの8割が我々が住む街中から流れていると言われており、そのゴミを海に流れ出る前に回収する目的で開発いたしました。海に流れ出てしまったゴミは回収する事が困難になり、海洋汚染を深刻にしていきます。陸上で出したゴミは陸上で回収する。そうすることで海洋ゴミ問題へ貢献できると考えています。また水稲栽培で使用されている被覆肥料の膜はプラスチックでできており、その膜が用水路に流れ河川へ通り海へ流れ出ているという大変な問題があります。被覆肥料の膜はmm単位と細かく海に流れ出ると回収が困難となります。SEETHLIVERを用排水路に設置する事でそこを流れる生活ゴミと被覆肥料の膜を同時に回収し海洋ゴミ問題解決に貢献します。「未来の海を100%綺麗にする事は出来ないかもしれないが1%でも綺麗にしたい」という。代表東濵の想いが詰まった機器がSEETHLIVERです。

SEETHLIVER,シースリバー,

海 洋 汚 染

877FD42E-17AE-4CE6-A257-FF28C2255A8B.heic

用排水路には人間が出した生活ゴミが流れてきますが、その他にも被覆肥料の膜が海へ流れているという問題があります。被覆肥料とは肥料成分の溶出量を調節することができるよう、表面をプラスチックで被覆した肥料のことで、施肥作業の省力化や施肥量の低減につながることから、水稲栽培を中心に広く使用されています。被覆肥料は2〜5mmと細かいため海に流れ出てしまうと回収が困難になりますが、本機器を用排水路の最下流に設置する事で海への流入を防止できます。

​被覆肥料の海への流出防止​

マイクロプラスチック,被覆肥料,SEETHLIVER,シースリバー,
汚染されたビーチ

「SEETHLIVER」は「経済性=収益」を生みません。しかし、海に流れ込む生活ゴミやマイクロプラスチックを回収することはできます。経済性はありませんが、環境や未来に貢献することはできます。「経済性ゼロ」の事業を普及していくために、悩み、様々な方々と交流して見出した一つの形が、「経済性ゼロのビジネス」モデルへの挑戦です。この挑戦の象徴が『SEETHLIVER』です。

SEETHLIVERストーリー

私たちが目指す未来

私たちの目指す未来は、綺麗な海を次世代に残すことです。そのためには、地球全体の意識と行動が求められます。私たちは、今、地球上の海洋環境が直面しているさまざまな課題に真剣に取り組み、未来の子どもたちに綺麗な海を残すために努力しています。

海洋生物の多様性と健全な生態系の保全は、私たちの使命の中心にあります。プラスチックごみや化学物質の排出など、海洋汚染の問題に対処するための具体的な施策を実行に移し、海洋保全、海洋ゴミ問題に真摯に向き合い行動して行きます。これにより未来の世代が海を楽しむことができる環境を築いています。

さらに、地球温暖化の影響を最小限に抑え、海洋生態系が安定した状態で存続できるようにするため、再生可能エネルギーの普及や排出削減策の実施に力を入れています。気候変動の影響を緩和し、海水温上昇や海面上昇などの負の影響を最小限に抑えることで、未来の子どもたちにより安定した未来を提供します。私たちは、自然と調和し、共存する未来を築くための取り組みを惜しむことなく続けています。美しい海が、次世代にとっての宝物となるよう、今、私たちの力で確かな足跡を残していきます。

SEETHLIVER,シースリバー,
SEETHLIVER チラシ.png

農業生産者様は農林水産省の交付金を使いSEETHLIVERを導入することができます。

bottom of page